自動車ディーラーの効果の高いデジタルマーケティング施策3選 

自動車ディーラーの効果の高いデジタルマーケティング施策3選

自動車ディーラーの外観

 現代の自動車ディーラーは、絶えず変化する消費者嗜好や情報収集の方法に対応しなければなりません。その中で、自動車ディーラーが自社のビジネスを強化し、競争力を維持するためには、デジタルマーケティングを効果的に活用することが欠かせません。しかし、デジタルマーケティングは何を意味し、それが自動車ディーラーにどのような影響を及ぼすのでしょうか?本記事では、デジタルマーケティングの基本的な概念から、自動車ディーラーがデジタルマーケティングをどのように利用してビジネスを成長させるかについて詳しく説明します。


自動車ディーラー

 消費者に自動車を届けるために重要な役割を担う自動車ディーラーは、消費者嗜好や情報収集の変化とともに、同じく変革を求められています。

自動車ディーラーの機能

 自動車ディーラーは自動車を消費者に届けることが最も重要な機能の一つです。自動車メーカーではディーラーのように地域の消費者の声にきめ細かく対応することが難しいため、自動車メーカーは製造した自動車を直接消費者に販売することはありません。
 また、自動車ディーラーの重要な機能として、販売した自動車のアフターセールスサービスがあります。アフターセールスサービスは収益面でも自動車ディーラーにとって極めて重要です。

自動車ディーラーの商品

 自動車ディーラーは新車販売とアフターセールスサービス以外にも商品を販売します。アフターセールスサービスに関連して、補修部品やアクセサリーパーツを販売します。更に、自動車保険、自動車ローン・リース等の金融商品も取り扱います。

自動車ディーラーの営業

 自動車ディーラーの営業マンは高単価な商品を売るため知識をつけるのはもちろん、極めて高い営業スキルを備えています。近年は上述のとおり金融商品も取り扱いも増え、一層スキルの高い営業マンの採用育成が求められています。
 更に、自動車販売後には営業マンのアフターフォローに加えて、整備士が接客することも多いです。整備知識のみではなく、コミュニケーション能力に長けた整備士の採用は年々難しさを増しています。

デジタルマーケティングとは

 デジタルマーケティングは、一人一台スマートフォンを持つ時代において消費者はスマートフォンなどを通じてインターネットから情報を収集することが当たり前になっている中で、消費者に最も効果的にリーチできる手段です。具体的には、インターネット上に自社のホームページやランディングページを設置して、対象顧客が関心を持つ記事や広告などで集客していきます。

デジタルマーケティングの基礎

 デジタルマーケティングは消費者の認知から購買に至る流れをデジタルの力を活用して行うことにほかなりません。広告や検索などで情報を入手したい消費者に商品サービスを認知させて、商品サービス紹介のコンテンツで購買意欲を高め、商談を行い、販売に至ります。

デジタルマーケティングでできること

 デジタルマーケティングを活用することで、自動車ディーラーはこれまでリーチできなかった顧客の接点を持つことができます。また、営業マンのリソースを使う前に、商品サービスのメリットを訴求することが可能です。さらに、口コミやSNSにより、消費者に商品サービスの良さを広めてもらえるような仕組みづくりも重要です。

自動車ディーラーのデジタルマーケティング活用例

 これからの自動車ディーラーは戦略的にデジタルマーケティングをうまく活用して競合と戦わなければなりません。以下で、自動車ディーラーが活用すると効果の高い施策3つを紹介します。

新車販売のためのランディングページ作成

 売りたい商品の魅力を伝えるページを作成し、問い合わせや資料請求がされやすいような導線設計をすることで、商品を探しているお客様を迷わせることなく、自社に呼ぶことができます。ボタンの配置位置・個数も重要ですが、上から下にお客様が読み進めやすいような文章や挿絵の構成が重要です。この際、1ページにまとめて複数商品を掲載すると、お客様が欲しい商品を探しづらく、検索順位も上がらない傾向にあります。

安心のメンテナンスを訴求するコンテンツマーケティング

 お客様は車検や修理メンテナンスのためにクルマを自動車ディーラーに持ち込みますが、巷にはディーラー以外の自動車整備工場がたくさんあり、競合となります。自動車ディーラーがメンテナンス需要を確実に取り込むために、メンテナンスの依頼先を調べているお客様に自社サービスのメリットを訴求できるコンテンツを作成することが効果的です。安心の純正部品利用や自社商品への豊富な知識をコンテンツで余すことなく紹介することが可能です。

整備士応募を増やすデジタル広告

 整備士採用は、年々難しくなっており、どの自動車ディーラーも経営課題として取り組んでいます。デジタルコンテンツによる会社メリットの訴求や対象地域をターゲットにしたデジタル広告の出稿により、応募者数を増加させることが可能です。転職希望者は毎日スマホから情報収集していることを想像すれば、デジタル広告の優位性を理解いただけると思います。

 自動車ディーラーがデジタルマーケティングを戦略的に利用することで、自社の競争力を高めることが可能になります。新車販売のためのランディングページ作成、メンテナンスを訴求するコンテンツマーケティング、そして整備士応募を増やすデジタル広告など、自動車ディーラー向けの具体的な施策を実施することで、これまでリーチできなかった顧客や新たなビジネスチャンスを掴むことができます。消費者の購買行動がデジタル化する現代において、デジタルマーケティングは自動車ディーラーにとって重要な武器となるでしょう

お気軽にお問い合わせください

エラー: コンタクトフォームが見つかりません。

この記事を書いた人

石川毅志
石川毅志
1983年7月8日生。2007年早稲田大学卒業。伊藤忠商事(株)に入社し、東南アジア・アフリカ向のトレード・事業投資・管理に従事。2013年、自動車メーカーに出向し、販売・アフターセールス部門GMを務める。2019年、common(株)を設立し、代表取締役 CEO就任。BCG, McKinsey, Accenture, NEC, Deloitteなどへの自動車ビジネスコンサルティング実績多数。米国公認会計士全科目合格。