自動車整備工場が取るべきデジタルマーケティングの3つのメリット

自動車整備工場が取るべきデジタルマーケティングの3つのメリット

自動車整備工場の様子

 

 

デジタル化の波が各業界に大きな影響を与えており、現代のビジネス環境ではデジタル化しないことのリスクが日に日に増しています。自動車整備業界においてもデジタル化は重要なテーマです。しかし、多くの事業者は既存のやり方を変えることができておらず、停滞しています。
特に、デジタルマーケティングの活用は、自動車整備工場の経営者やマーケティング担当者にとって、新たな成長機会を創出する重要なツールとなりつつあります。デジタルマーケティングには、幅広い顧客層に効果的にリーチする能力、顧客体験の強化、及び費用対効果の高さといった多くのメリットがあります。以下では、これらのメリットを詳しく解説し、その活用方法についても考察します。


自動車整備業界の現状

 自動車整備市場は2022年で5.7兆円と極めて大きな市場規模を保っています。一方で、市場環境は大きく変化しています。
 以前、消費者は自動車に関する専門的な知識を得ることが難しく、接点のある整備士に任せきりでしたが、インターネットの普及により、消費者は自分自身で情報を調べ、自動車のメンテナンスや修理についての知識を得ることが可能となりました。オンラインレビューや比較サイトなどを通じて、顧客は自分自身でより多くの情報を探し、専門家の意見だけでなく他の消費者の意見も参考にするようになりました。
 自動車そのもの構造が複雑化して整備士に求められる知識が増えていく一方、整備士のなり手が減少しており、自動車整備工場の経営を難しいものにしています。
 デジタルマーケティングを活用することで、経営リソースを効率的に使い、売上を増やすことが可能となります。以下では、自動車整備工場がデジタルマーケティングを活用するメリットをご紹介します。

デジタルマーケティングのメリット1:自動車保有顧客へのリーチの増加

地域・時間の制限がない

 小規模の自動車整備工場であれば地元の需要を賄えれば良いですが、ある一定以上の整備工場になるとより広い範囲の顧客にアプローチして需要を取り込む必要があります。ただし、前述の通り採用難の整備士に更に営業の負担をかけるわけにも行かず、営業担当を雇う余裕もない中、デジタルマーケティングを活用すれば、場所・時間に制限なく顧客にリーチすることが可能です。

ターゲット・マーケティング

 デジタルマーケティングは、具体的な顧客セグメントを対象にしたマーケティングも可能です。ソーシャルメディアの広告やメールマーケティングを活用すれば、特定の年齢層、地域、興味・趣味を持つ顧客を直接ターゲットにすることが可能となります。 特定地域の自動車保有をターゲットにしたマーケティングで顧客を増やすことが可能になります。

デジタルマーケティングのメリット2:顧客のアフターセールスサービス体験の強化

顧客とのコミュニケーション

 デジタルマーケティングは、顧客とのコミュニケーションを強化するためのツールでもあります。オンラインのプラットフォームを活用すれば、顧客からのフィードバックを即時に受け取り、応答することが可能です。これにより、顧客の満足度を向上させ、長期的な顧客関係を構築することが可能となります。 自動車整備は車検や法令点検など定期的かつ長期的な需要が発生するので、顧客との継続的なコミュニケーションは売上拡大に非常に大きな効果を産みます。

パーソナライズされたコンテンツ

 デジタルマーケティングを利用すれば、個々の顧客のニーズや嗜好に合わせたパーソナライズされたコンテンツを提供することも可能となります。例えば、顧客が以前に閲覧した商品やサービスに基づいて、個別にマーケティングメッセージを作成することができます。
 自動車整備工場にも車種やブランドの得意分野があります。例えば、コモンレールエンジンの整備などは非常に高い技術が求められるため、対応できる自動車整備工場が少ない中、そういった整備に強みがあることを顧客に訴求することで顧客獲得チャンスが増えます。

デジタルマーケティングのメリット3:コスト効率の高さ

効率的な広告予算の分配

 デジタルマーケティングは、マスメディアを用いたマーケティング手法に比べて、大幅に低いコストで広範な顧客層にリーチすることが可能です。また、デジタル広告はその効果を具体的に測定することができるため、広告予算の最適な使用を可能にします。

ROIの追跡

 デジタルマーケティングでは、広告キャンペーンの効果を測定し、投資対効果(ROI)を追跡することが可能です。これにより、各キャンペーンの成果を評価し、必要な改善点を見つけることが可能となります。
 問い合わせまでの効果が高い、効率が良い導線を見つけ、更に伸ばしていくことが可能であるため、継続的にデジタルマーケティングは顧客を効率的に増やしていくことが可能となります。

 デジタルマーケティングの活用は、整備工場の競争力を強化するための有効な戦略です。広範なリーチ、顧客体験の強化、コスト効率の高さというメリットを活用すれば、より多くの顧客に効果的にリーチし、高い顧客満足度と強固な顧客関係を構築することが可能となります。デジタル時代の到来を機に、新たなマーケティング戦略としてデジタルマーケティングをぜひご検討ください。

お気軽にお問い合わせください

    必須お名前

    必須メールアドレス

    電話番号

    会社名

    役職

    必須お問い合わせ内容




    この記事を書いた人

    石川毅志
    石川毅志
    1983年7月8日生。2007年早稲田大学卒業。伊藤忠商事(株)に入社し、東南アジア・アフリカ向のトレード・事業投資・管理に従事。2013年、自動車メーカーに出向し、販売・アフターセールス部門GMを務める。2019年、common(株)を設立し、代表取締役 CEO就任。BCG, McKinsey, Accenture, NEC, Deloitteなどへの自動車ビジネスコンサルティング実績多数。米国公認会計士全科目合格。