• 石川毅志

【資金繰り】新型コロナについて【ピボット】

最終更新: 2020年6月27日

commonの石川です。


コロナは中小企業経営に大きな影を落とす

新型コロナ感染拡大に伴うイベント・宴席の自粛により、

飲食店やイベントスペースの経営者は苦境に立たされています。












私自身も、大学の学部同窓会を企画していて、347 Cafe & Loungeという

お店を30名規模で2ヶ月ほど前から予約していましたが、

状況を鑑み、お店に相談したところ、厳しい台所事情が想定される中、

快くキャンセルに応じていただきました。


https://www.347cafe.com/

コロナで業態を進化させる

一方、私の友人である飲食店経営者は、

資金繰り不安を抱えている中、これをチャンスと捉えて、

店舗の衛生マニュアル強化や宅配サービス開始を検討しています。


また、スタートアップ経営者は

マッチングアプリ"1hour"のローンチを控えたタイミングで

コロナ禍に入るも、スピード感を持ってピボットして、

サービスローンチを行いました。


https://1h-onehour.com/

企業文化などの精神的な障壁により、

なかなか進まなかった在宅勤務の導入を

一挙に進めていく企業も出てきました。


コロナで社会・会社が変わる

つまり、新型コロナにより、医療はもちろんのこと、

エンタメ・外食・衛生・移動の分野で変革が起きる

可能性があると思います。









なかなかポジティブには慣れない情勢ですが、

その中で、ピンチをチャンスと捉えて、

未来に向けて一手・二手先の行動をしていきたいと思います。


足元の資金繰りは

ただし、足元の資金繰り問題は至急手当しなければならないと思います。

そんなおり、行政からの支援がいくつか打ち出されていますので、

ここでご紹介いたします。


① 政策金融公庫

経営環境変化対応資金・新型コロナウイルス完成しょう特別貸付など


② 信用保証協会

セーフティネット保証制度・危機関連保証など


③ 商工中金

セーフティネット関連資金・新型コロナウイルス感染症特別貸付など


その他、助成金も含めて選択肢がありますので、

ぜひググって、適切な資金繰り対応をして、

この難局を乗り切って頂きたいです。


commomも資金繰り手当に役立つサービスであり、

只今プロトタイプの開発9号目までこぎつけ、

4月には検証できるようになります。


早く、サービスを社会に役立てられるよう、

できることを粛々とやっていきます。


35回の閲覧0件のコメント