• 石川毅志

商社マンでも理解できずにググるスタートアップ業界用語20選!経営・財務編


commonの石川です。


スタートアップ業界って
やたら横文字多くないっすか?

新卒で総合商社に

入ったときにも

会議で使われている言葉が

わからなすぎて

会議中

失神する様に寝ていましたが

10年同じ会社で

仕事していると

バッチリ横文字

専門用語ユーザーに

なっていました。


特に

商社は

ほとんどの人が

英語で仕事するので

自ずと

言葉がルー大柴化

していく傾向があります。


国内外で10年以上

ビジネスしてきた

僕でも

スタートアップ業界で

面談や会議中に

用語の理解ができずに

密かにググったりすることは

幾度となくあります。


本日は

商社の僕が

こっそりググった

スタートアップ業界用語20選

経営・財務編を

ざっくり

それぞれ

一言で説明します。


また

裏の意味を

カッコ書きで

追記してみました。


経営・全般

スタートアップの経営や

活動全般に関わる用語です。


・リーンスタートアップ
・イグジット
・Jカーブ
・メンタリング
・ピッチ
・ハッカソン
・〇〇ドリブン
・エグゼクティブサマリー
・グロースハック

・ リーンスタートアップ

お金をかけずに製品を

開発していくこと。

(なかなか成果物を

世に出せないので焦る)


・ イグジット

上場やM&Aなどを通じて

株式の売却機会を得ること。

(起業家・投資家の

リスクがお金に変わるタイミング)


・ Jカーブ

最初は赤字で

数年後一気に黒字転換すること。

(これ故大企業と反りが合わない)


・ メンタリング

ベンチャーキャピタリストや

先輩起業家が

起業家の相談に乗ること。


・ ピッチ

事業プレゼンすること。

(3分を超えると

ベンチャーキャピタリストが

だるそうにし始める)


・ ハッカソン

開発イベント。

(時間と労力の無駄遣い)


・ 〇〇ドリブン

〇〇主導。

〇〇を重視しているということ。

(大体自分の担当分野が

〇〇に入る)


例)

デザイナー

「デザインドリブンの製品です」

データサイエンティスト

「データドリブンで

マーケティングしよう」


・ エグゼクティブサマリー

A4 1枚の事業概要書。

(ベンチャーキャピタルの

紙ゴミの半分を占める)


・ グロースハック

成長のために部門横断であらゆる

手を尽くすこと。

(これを使う人たちと

深い話をしようとは思わない)


財務・ベンチャーキャピタル

財務やベンチャーキャピタル関連の

用語です。


VC
・シード(ラウンド)
・アーリー
・シリーズA,B,C
・アクセラレーター
・エンジェル
・プレ(バリュエーション)
・ポスト(バリュエーション)
・バーンレート
・優先株
・J-KISS

・ VC

ベンチャーキャピタルのこと。

(本音と建前の権化)

・ シード(ラウンド)

アイデア段階での投資

(ギャンブル)


・ アーリー

プロダクトができたばかりの

段階での投資

(ギャンブル)


・ シリーズA,B,C

プロダクトがサービスとして

成長している段階での投資

(チキンレース)


・ アクセラレーター

ベンチャーキャピタルなどが

起業家に

資金・事業支援・メンタリングを

セットで提供するもの。


・ エンジェル

シード期に投資をしてくれる人。

(いい人多い。

ただし、デビルに注意)


・ プレ(バリュエーション)

投資ラウンドにおいて

投資前の企業価値。

(リードインベスターの

腕の見せ所)


・ ポスト(ポストバリュエーション)

投資ラウンドにおいて

投資後の企業価値。

プレ+増資額=ポスト

(本当にそれが実現しているか

誰もわからない)


・ バーンレート

一定期間で企業が使う費用のこと。

(経費)


・ 優先株

普通株よりも

配当や売却において

有利な条件となる株式。

(メジャーなやり方)

・J-KISS

企業価値が不透明な時に

投資する時の手法。

企業価値を定めずに投資して

次のラウンドで確定した

企業価値で再評価する。

(天才)


以上です。


また

プロダクト編や

サービス編など

作っていきたいと思います。

152回の閲覧0件のコメント