• 石川毅志

お金を貸してはいけない人の特徴5選


commonの石川です。


友人にお金を貸したけれども
返ってきませんでした・・・

commonの調査では

友人・知人にお金を貸す人は

貸す時に

多くの人が

お金が返ってこないことを

予期しています。


精神的に

追い込まれないように

「あげたつもりで貸している」

と考えている

ケースもありますが

調査の中で

貸し付けた時に

返済が滞ることが

予期され

実際に返済が滞る

パターンがあることがわかりました。


お金を貸しても返ってこない人の特徴5選

お金を貸しても返ってこない人の

特徴5選を紹介します。


・ 貸していた金の返済がない
・ 額が急に跳ね上がる
・ 契約書を交わしたがらない
・ 借入金の用途を説明できない
・ 連絡先や情報を隠したがる

1. 貸していた金の返済がない


金融業界で言う追い貸しです。

プロであれば

債務不履行後に

差し押さえるべき資産を

把握しており

なかば

確信犯的に

追い貸しをすることがありますが

個人間の融資では

お勧めできません。


「この急場さえ凌げれば

全額一気に返済できる」

と言われたとしても

これまでの返済と追い貸し分が

一気に吹き飛ぶ可能性もあります。


2. 額が急に跳ね上がる


詐欺でよく使われる手口ですが

初期は少額の借入・返済を

繰り返すことで

信用を得て

最後に大きな借り入れをした後

跳ぶ

と言うやり方です。


個人間融資において

そこまでの悪意

絶対騙してやろうと言う気持ち

がなくとも

急に借入額が跳ね上がると言うことは

借り手がわの環境に変化があった

と言うことです。


お金を多く借りなければいけない以上

良い変化ではないことが多いです。


3. 契約書を交わしたがらない


貸し手が契約書の話を持ち出しても

借り手が

「まあまあ」とか

「信用してないのか?」とか

言って契約書を交わしたがらない

状況は危険です。


お金を借りる以上

自分から

契約書の締結を申し入れたり

借用書を差し入れるぐらいの

誠実さは欲しいものです。


4.借入金の用途を説明しない

お金を貸す側は

そのお金が何を元でに

返済されるのか気になりますので

どのように使われるか

確認することは普通です。

金融機関から借り入れるときも

用途を説明して

それ以外の用途に資金を用いた場合

期限の利益を喪失して

すぐに返済しなければならないケースも

あります。

用途の説明ができないと言うことは

借入資金を相手が納得するような

用途に回さないと言うことが

ほとんどです。


それ故

そのようなケースでの

返済確率は下がります。


5. 連絡先や情報を隠したがる


初めから返済に

困るような状況を予期していると

考えられます。


借り手は

貸し手の信用を得るために

適切に情報提供するべきですが

それができないと言う時点で

信用が低くなりますし

跳ぶ気満々で

情報を隠しているようにも見えて

しまいます。


返済がしてもらうためには

上記のような

貸し手を避ける

もしくは

貸付時に

これまでの

貸付金をまず返済するよう

依頼して

お金の用途と

連絡先及び

返済条件を確認した上で

きっちりと

契約書を締結することで

かなりの数の

トラブルを避けることができます。


また

貸し付けた後も

放置せずに

定期的に連絡を取ったほうが

良いでしょう。


まとめ

返済が滞る

借り手には特徴があります。


・ 貸していた金の返済がない

・ 額が急に跳ね上がる

・ 契約書を交わしたがらない

・ 借入金の用途を説明できない

・ 連絡先や情報を隠したがる


お金を貸す時には

これらのことを留意して

打てる対策は打った上で

契約書をきちんと交わしてから

始めたほうが良いでしょう。

47回の閲覧0件のコメント