• 石川毅志

【経営分析】借金が決算書に与える影響【負債はマイナス?】

commonの石川です。

“借金している事が周囲に知られると、
悪い印象を持たれるのではないかと、心配になる・・・”

今回は、経営者や企業が事業のための資金を負債で

調達する(借金する)ことの、

経営への影響についてお話しします。


借金の種類

一口に借金と言っても、

広い意味では負債全般を指すこともあります。


また、

お金を借りる期間

お金を借りる先

お金を借りる理由

も様々です。


広い意味での借金というと、

掛けで仕入れた際の買掛金や

未払いの費用を計上する時の未払金や

リース債務も含まれます。

これは、すでに物やサービスを受けているにもかかわらず、

それに関する支払いを待ってもらっている状態で、

支払いの猶予期間だけお金を借りているようなもの

という理解から、

借金と呼ばれることがあります。

また、

お金を借りる期間によって、

1年未満に返済期日が到来するものを短期借入、

1年以上のものを長期借入とします。

お金を借りる先による会計上の違いは、

金融機関からの借入と、

自社で発行する社債があります。

借入は金融機関が預金や外部から集めたお金を貸し付ける間接金融、

社債は企業が投資家から直接お金を借りる直接金融と呼びます。

理論的には、間接よりも直接金融の方が支払う利息は少なく、

借入の期間も長くするケースが多いです。

ただし、社債を発行するためには、企業の信用が社会的

(少なくとも投資家)に認められている必要があります。


お金を借りる理由は、

決算書の財務諸表(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書、

株主資本等変動計算書)に出てきませんが、

特別な理由があり、

企業の関係者に説明するべき内容であれば、

「注記」で借り入れたお金を何に使用したか記載します。

借入を日々の経費に使用している場合、

経費を賄うだけの売上が上がっていないのか、

掛け売上や未収入金が先の経費支払が到来してしまう

まずい資金繰りをしているのか疑われます。

一方、将来のキャッシュを生むような資産の購入に

使われている場合、キャッシュの回収期間と借入期間が

マッチしているのかが問題となります。


決算書に与える影響

いろいろな借金の種類があります。

投資家や債権者は企業がどのような借入をしているか見て、

貸し倒れ(貸しても返済されない)リスク

財務の健全さ

損益の構造

を判断します。


1. DERで見る安全性

  企業の資金は負債か株主資本で賄われます。

  両者がどのような比率であるのかをみます。


  これは業界によって平均的な数値があり、

  対象の企業がどれだけ乖離しているかを見て、

  財務が安定しているかを測ります。

  借金をすると、DERの倍率が上がり、

  これが業界平均から乖離すると、

  借金の金額が危険な水域まで来ていると

  見られることになります。


2. WACCに対する収益

  資本コストとも呼ばれ、

  企業の資金を調達するためのコスト(率)です。

  一般的に、株主資本の方が負債よりも調達コストが高いですが、

  あまりにも負債の比率が高く、

  財務リスクがあると見られると、

  急激に負債の調達コストが上昇することもあります。


  企業ごとに異なる借入の調達利率と

  株主資本の調達コストを見て、

  その企業にとって、

  最もWACCが低くなる(調達コストを低く抑える)

  バランスを見極めて、戦略的に借入ができているか見られます。

  WACCはROA(資産に対する収益の割合)よりも

  低く抑える必要があります。

  (調達比率より儲け率が高くないと商売している意味がないですね)


3. 流動比率で見る支払い能力

  流動比率は、現金かすぐに現金化しやすい資産(流動資産)と

  1年以内に返済する負債(流動負債)の比率です。


  これが、100%を下回っている時、

  流動資産が流動負債より小さいと約束通りに負債を支払えない

  ことを示しています。


  短期借入をして、固定資産を購入したり、

  経費などに利用してしまうと流動比率が下がることになります。


良い借金の仕方

ビジネスするにはお金が必要です。

特に、成長期や外的な経営環境の悪化により、

手持ちの資金以外からお金を調達する必要があるのは当然です。

ただし、野放図にお金を借りては、

キャッシュを生まない資産購入に充てたり、

経費に消えてしまったりしては、

返って事業存続を危ぶませる原因になることもあります。


お金を借りる際には、

・どれだけ:過不足ない額を借りる

・いつまで:資金繰り計画から適切な期間で借りる

・どこから:定性的な条件含めて調達コストが安いところから借りる

・なぜ:理由を明確にして借りる

を確認して、お金を借りましょう。

70回の閲覧0件のコメント