• 石川毅志

【建築に例えてわかる】webサービス作り方【必須スキルも】



commonの石川です。


Webサービス開発って
何すればいいの?

本日は

私のようにWebサービス開発

初心者向けにざっくりとした

工程の全体像について説明します。


システム開発は

よく建築に例えられます。


実際に、

IT業界の用語は

建設業課の言葉を

引用していることが

多いです。


アーキテクチャとか、

IT土方とか…


Webサービス作りに

必要な要素は以下の4つです。

建設になぞらえて説明します。


1. 設計図の作成

→システム要件定義

<必要な知識>

システム設計の図法など

2. 土地の選定・基礎・水道

電気・ガスの引き込み

→サーバの構築

<必要な知識>

サーバ・ネットワーク・セキュリティ

windows/Linux


3. 設計図に沿って構造物を作る

→システム構築のコーディング

<必要な知識>

サーバーサイドのプログラミン言語


4. 窓口や外壁など人が触れる

箇所をデザイン通りに作る

→画面のコーディング

<必要な知識>

フロントエンドのプログラミング言語

これらが必要な要素です。


設計図から始まり、

インフラ、

フロントエンド、

サーバーサイドは

同時並行的に進めていきます。


よく映画で見るように

天才プログラマーが

一人でかちゃかちゃして、

何かすごい者ができるのではなくて、

複数人が

得意なスキルを持ち寄って、

数ヶ月単位で物作りをします。


この点も建設現場と

同じです。

全ての工程に通じて

重要なことは、

アイデアを具現化する熱意と

前工程・後工程との

コミュニケーション能力だと

思います。

皆さんも

webサービスの

何かアイデアが思いついたら、

仲間を集めて

具体化してみてはいかがでしょうか。

16回の閲覧0件のコメント