• 石川毅志

【ブラックリスト】信用情報について【CIC JICC JBAとは】

commonの石川です。


消費者金融やカードローンは、
どのように審査しているの?

決算書がない個人向けの金融では、

借り手の信用力を判別する情報が必要です。


これを信用情報と呼び、

皆さんの情報を金融機関で共有して、

借入やカードを作る際に、

チェックされています。

信用情報について

「信用情報を提供した覚えがない!」と

思われた方もいるかも知れません。

これはクレジット会社などに

申込みした際に、

信用情報機関への利用と登録に

同意したことになっています。

(すごい量の同意文書の一部に

記載されています)


どのような機関かと言いますと、

CIC, JICC, JBAという機関があります。


1. CIC
主に消費者金融や信販会社で登録されます。
https://www.cic.co.jp/

2. JICC
消費者金融やメガバンク以外の銀行が
加盟しています。
https://www.jicc.co.jp/

3. JBA
メガバンクを含めた銀行による
信用情報機関です。
https://www.zenginkyo.or.jp/

以前は、

各社独自に情報を管理・利用していましたが、

金融業の審査精度の向上と

多重債務者の防止の観点から、

信用情報機関の設立に至りました。


特に、

多重債務者については、

情報が統合されていない状態では、

債務者が、

ある金融機関から、

返済不可能な多額の借金をしていても、

他に行けば、

借りれてしまいます。


また、

借入の限度額が、

年収の3分の1までに制限される

総量規制の導入で、

個人の借入総額を把握する必要も

出てきました。


信用情報の使われ方

金融機関は、

借入の申し込みがあると、

信用情報を参照します。


よくブラックリストと呼ばれ、

過去の返済事故を見られてしまい、

借入ができないという話を

聞きます。


正確にいうと、

信用情報機関に

事故情報や異動情報といった

過去の返済遅延や債務整理情報が登録され、

これを個人の信用情報上で、

確認されてしまうということになります。

信用情報には

あらゆる個人情報が登録されています。

例えば、

氏名、生年月日、勤務先などの

個人を特定するものはもちろん、


残債額(未返済の額)、

異動(延滞・保証履行・破産)の有無、

割賦取引の情報などです。

これらを

信用情報機関に加盟している業者は

全て確認できることになります。


そして、 あまり知られていないのですが、

自分の信用情報を

取り寄せることができます。


CICの場合、

1000円払うと、

窓口の他、パソコン、スマホ、郵送で

自分の情報を確認することができます。


=信用情報の確認方法=

https://www.cic.co.jp/mydata/


個人的な貸し借りに使えるか

個人的なお金の貸し借りをする時、

借り手が

誰からいくら借りているか

気になると思います。

個人的な信頼関係が

元になる貸し借りですが、

返済が滞ると

人間関係が壊れてしまいます。

そのため、

事前に返済ができるか確認しておくことは

重要です。


ただし、

個人の場合、

信用情報機関に加盟している

わけではないので、

他人の信用情報を閲覧できません。


そのため、

借り手に自身の信用情報を取り寄せてもらい、

それを提示するよう

依頼するのも一つの手です。


ただし、

最も重要な個人情報の一つですので、

合意の上だとしても、

情報を預かる際には

細心の注意が必要です。

信用情報を見て、

これまでに延滞があった場合、

その理由を問いただしたり、

残債がある場合、

その金額があまりにも多すぎないか、

どのような順番で返済することになるのか、

確認したほうが良いでしょう。

57回の閲覧0件のコメント